たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年01月19日

新年の空から見た富士山に思う

1月6日から12日まで中国と韓国に行ってきました。
帰りの飛行機でとてもきれいな富士山が見えたので写真を撮りました。
 
中国では北京の仕事仲間が新事務所をを訪ねてきました。北京の中心部のオフィスビルで、立派な事務所でしたが、自分で1週間かけて内装をしたとのことです。中国では日本よりも3倍のスピードで社会が変化していると言われていますが、そのバイタリティは現地に行ってみると本当に分かります。
下の写真はそのビルの外で撮った写真ですが、とても寒かったです。

韓国では、地下鉄に乗ったり地下商店街や若者の集まるモールなどに行ってみましたが、社会インフラや町
を歩いている人のファッションなどを見ていると、すでに韓国社会は日本に追いついている感がしました。
下の写真は、韓国の首都ソウルのホテルの窓からの夜景です。

帰りの飛行機の中で、きれいな富士山を見ながら、日本の若者たちにもぜひ近くの中国や韓国を見に行って、昨今の日本で欠けているバイタリティーのある社会現象を目の当たりにして、何か感じて欲しいと思いました。たしか、調布アットホームで主催したブログ塾の堀池講師も昨年中国の大連に行く交流ツアーに参加して中国のバイタリティーにとても感銘を受けたと話されていました。今年の5月ごろにまた次回ツアーがあると聞いていますので、調布アットホームカフェーの方々も、そのような機会に一緒に参加しましょう。(中島)  


  • Posted by 調布アットホーム  at 08:23Comments(0)理事Nakajimaからのお知らせ