たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年01月30日

1月30日の調布コミュニティビジネス・ミニ講座は千客万来!

35人の新たな出会いが芽生えた
コミュニティビジネス講座


本日1月30日の午前中、10時~12時に調布市たづくり10階、
1001会議室にて、「あなたもはじめよう! 街を元気にする
コミュニティビジネス・ミニ講座」を開催しました。

参加者はなんと、事前の申し込みをはるかに上まわる35名!
内訳は、調布在住の方が28名。市外からの参加が、
三鷹1名、稲城市1名、国分寺1名、小平1名、八王子3名、
山梨1名の計7名でした。調布アットホームのメンバーは、
今回いろんなイベントが重なり、11名でしたので、
17名の一般の調布市民の方に参加いただいたことになります。
1月30日の調布コミュニティビジネス・ミニ講座は千客万来!
今回は、ライターである私、調布アットホーム・代表、石原の、
2009年に1年間かけて多摩エリアのシニアのセカンドライフの
状況を調べあげた「多摩セカンドライフ大満足辞典」という雑誌の
取材の話を通しながら、

1、多摩エリアではさまざまな団体があるなかで
 「コミュニティビジネス」に分類される人たちが「楽しい」だけでなく、
 自分たち活動に「やりがい」と「いきがい」を感じてイキイキしていた話
 
2、地域参加の新しいカタチ、「コミュニティビジネス」と「地区協議会」の話。

3、「コミュニティビジネス」は資格などでなく、言葉づら、定義にとらわれすぎると
 誤解を生む話。

4、「コミュニティビジネス」の活動が活発になると、ひいては、
 自分の住む地域が「住みよい街」になっていくという話。

5、「コミュニティビジネス」のおもしろさ、魅力の話。

6、「コミュティビジネス:は取り組むテーマも多元的であり、
 かかわる人や団体も、個人、NPO、各種任意団体、行政、
 企業、金融機関、地元大学など多元的であるという話。

7、国や行政の「コミュニティビジネス」への取り組みの話。

8、事例の話。

9、調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」の話。
 「調布アットホーム」はそうやって地域のために立ち上がる人や団体を
 ひとりにしないという話。

10、「ワールドカフェ」の簡単な説明。

の話をしました。        ≪長いので2につづく≫ 
 



  • 同じカテゴリー(代表日記)の記事画像
    多摩の魅力発信講座2015
    2月14日は多摩CBシンポジウム
    調布アットホームの『振り返り活動カレンダー2014』
    恒例!大忘年会12月12日に開催
    多摩の食と農を考えるシンポジウムを開催
    ホームカフェは第2木曜夜に開催!
    同じカテゴリー(代表日記)の記事
     多摩の魅力発信講座2015 (2015-02-03 10:10)
     2月14日は多摩CBシンポジウム (2015-01-27 12:16)
     調布アットホームの『振り返り活動カレンダー2014』 (2014-12-29 17:14)
     恒例!大忘年会12月12日に開催 (2014-12-08 13:36)
     多摩の食と農を考えるシンポジウムを開催 (2014-10-14 23:58)
     ホームカフェは第2木曜夜に開催! (2014-03-19 18:48)

    Posted by 調布アットホーム  at 22:55 │Comments(0)代表日記

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    1月30日の調布コミュニティビジネス・ミニ講座は千客万来!
      コメント(0)