たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2010年12月17日

忘年会のあとで

「調布アットホーム」は、12月2日にはやばやと忘年会。
たくさんのゲストを迎え、にぎやかに集いました。
あー楽しかった。
ありがとうございました。

…が、アットホームの今年が、これで終わったわけではありません。
昨日の役員会では、来年にむけての議題満載。
それぞれお仕事を終えて19:00に集まり、じっくり話し合いが行われました。

来年は、たくさんのイベントに取り組みながら、
同時に足腰をきたえなければならない。

どこを目指してこの事業のひとつひとつに取り組むのか。
何度も話してきたことだけど、節目節目でふりかえって、確認していきたいと思います。
ロジックモデル作成をスタートさせました。
話し合いをして、ねかせて、また話し合いをして、整理して。
そんなふうに、少しずつ作っていきたいと思います。

思考のあしあと


忘年会のあとで





  • 同じカテゴリー(事務局のひとりごと)の記事画像
    わくわーく3号完成しました
    おいしい!船出
    ほっとけない→社会認知 ここを支える協働を
    女性に。起業へのとびら
    地震予知と企業のBCP
    大学の力
    同じカテゴリー(事務局のひとりごと)の記事
     わくわーく3号完成しました (2013-09-11 10:56)
     おいしい!船出 (2012-05-21 15:09)
     ほっとけない→社会認知 ここを支える協働を (2012-01-21 20:34)
     女性に。起業へのとびら (2011-12-09 11:11)
     地震予知と企業のBCP (2011-11-30 18:33)
     大学の力 (2011-11-04 14:21)

    Posted by 調布アットホーム  at 19:25 │Comments(2)事務局のひとりごと

    この記事へのコメント
    質問;「ロジックモデル」とは何でしょうか。
    また、書き込み者は「Posted by 調布アットホーム」だけでなく、個人名も書くべきと思う。
    Posted by 都築 at 2010年12月17日 21:57
    都築さま
    失礼しました。
    事務局のひとりごと=杉山裕子です。
    金曜日のブログ当番です。

    ロジックモデルとは、事業を行ううえで、目標=ビジョンを見失わないようにつくる、理論設計のことです。
    ひとつひとつの事業をどんな目標達成のためにおこなっているのかを見直し、達成度を検証し、次のステップを考えていくために取り入れました。

    これまで、いろいろな場で代表の石原が口にしていることですが、これを役員それぞれの言い方で置き換えてみると、小さなずれがあります。
    そのずれが大きな意味の違いを生むことも出てきますので、これを共通の【ことば】にすることが、第一ステップなのです。

    現在、第一ステップにとりかかったということなのです。

    はじめてみて、相手はわかっているものだと思っていても、意外とそれぞれの解釈って違うものだなぁというのが実感です。
    Posted by 杉山裕子 at 2010年12月18日 11:28
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    忘年会のあとで
      コメント(2)