たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2015年01月26日

調布まちシネマ第4弾!

いよいよ1月29日より
調布まちシネマ第4弾!
日活「危いことなら
銭になる」上映会開催


巨大シネコンが調布にできるという発表がされましたが、
なんのその!
映画撮影所が2か所もあり、映画関連会社は
30社以上もあり、映画の職人さんも多数住むという
地域資源を生かして、「映画のまち」ならではの、
「映画のある生活」、「映画をもっと身近に楽しめるまち」を
作り出すための、調布アットホームのワーキンググループ、
「調布・まちシネマ」がまたまた仕掛けます。

「映画を上映する環境を整えたが、単独では映画上映権を
買えない」という飲食店やライブハウスと組んで、
共同で上映権を映画会社から買って、複数日で複数個所で
こだわり映画を上映するという仕組みです。

今回は、調布に撮影所のある日活さんにも応援いただき、
鬼才・中平康監督の名作「危い(ヤバいことなら銭になる」
を調布市内4か所で上映します。

このプロジェクトは、映画に出てくる俳優さんや照明さん、
大道具さん、CG制作者など、市内の映画関係者や
映画関連会社などが突然上映会に現れたり、
職人さんが現れたりするような、調布ならではの
上映会や、映画の楽しみ方を提案しようとしています。

じわじわと映画関係会社や職人さんと関係を作りつつあります。
市内の関係者のみんさん、市民のみなさん、
シネコンはシネコンで楽しいですが、
「映画のまち」ならではの「まちおこし」にも協力ください。
上映会の詳しい情報は、
http://chomacine.tamaliver.jp/