たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2014年10月07日

わくわーく5号 好評配布中!

「調布市福祉作業所等
連絡会」発行の
「わくわーく5号」が
できあがりました!

「この雑誌、福祉系の雑誌だったんですね。
途中まで読んで気づきました」--。
そんなお声をよくいただく、調布アットホームで
企画・編集を受託させていただいている
雑誌「わくわーく5号」ができあがりました。

今号は、「はたらくよろこび しごと」特集。
「市内のこんなところではたらいて役立っています」、
「企業のこんなしごとをこなしています」といった。
障がいがあってもがんばっている「はたく話」を
まとめました。

私たちのよく使う検査キットの個別包装、
小学館のコロコロコミックの付録の包装、
近隣消防署の制服のクリーニングなんてことも
調布の福祉作業所が行っているんですね。

「わくわーく5号」を読んでいただくと、
障がいのある人たちが地域できいきとはたらいている
様子をわかっていただけると思います。

調布市役所の障害福祉課、総合福祉センター、
市民活動支援センター、市内の福祉作業所などで
無料配布しています。ぜひご覧ください。  


  • Posted by 調布アットホーム  at 14:14Comments(0)

    2014年10月05日

    調布まちシネマ第3弾 インド映画きっとうまくいく上映

    調布・まちシネマ
    第3弾を10月21日~
    25日に開催!


    昨年好評だった「調布・まちシネマ」が
    新企画にバージョンアップして帰ってきました。
    10月21日~25日に5日間かけて市内3か所で
    インド映画「きっと、うまくいく」を上映します。

    なにもインド映画は、ダンスとロマンスだけではありません。
    笑って、泣いて、あったかい! 学園×友情×ミステリー。
    インドならではの突き抜けた映画で、2010年には
    インドアカデミー賞など16部門を独占した作品。
    その後、世界的にヒットした映画です。

    昨年までは複数会場で、複数の映画を同日上映して
    いましたが、今回から、企画を変更。
    1つの映画を複数会場で期間を設けて上映。
    1つの映画の観れる機会を増やしました。
    その分、多くの映画を調布にもってきて、
    多くの映画を多くの人に観てもらえる取り組みに
    進化させようと考えたそうです。

    この取り組みは、調布アットホームのメンバーを
    中心に、市内内外の映画が大好きのメンバーが
    集まった「調布・まちシネマ」というチームが運営しています。

    詳細は、「調布・まちシネマ」のホームページを
    ごらんください。
    http://chomacine.tamaliver.jp/  


  • 2014年10月02日

    10月9日(木)の「アットホームカフェ」、ゲストは調布の商店街の活性化の鍵を握る山岸さん!!

    10月のアットホーム
    カフェは商店会などの
    活性化事業の話を
    学びます。


    一昨年に実施された「京王線」の地下化。
    調布駅近隣では、今、複数の大型ビルの建設が
    進んでいて、また、今後、竣工予定の駅舎跡地のビルにも
    多数のテナントが入ることが想定されています。

    これにより、人の流れが大きく変わり、売り上げにも
    多大な影響が出るかと思われますが、地元の商店会は、
    何もせずに手をこまねいていた訳ではありません。

    調布市と調布市商工会では、地下化の計画が具体的に進み始めた
    2007年前頃から、「中心市街地活性化協議会準備会」を
    立ち上げ、旧甲州街道の調布駅から国領駅までの9商店会や
    関係者が一同に集まり、数年にわたり、
    今後の施策などを検討、報告書にまとめました。

    その事務局を受託し、プランをまとめあげたのが
    今月のゲストスピーカー「SC総合管理」の山岸さんです。

    通常、このようなコンサル業務は、少し意地の悪い
    言い方をすると、「プランさえ提出すれば、それが実行されようが、
    されまいが、その後の調布がどうなろうか関係ない」
    といったスタンスが見え隠れする業者が多いなか、
    山岸さんは、地元のお店1軒1軒に、何度も何度も足を運び、
    ゆるぎない信頼関係を築いてきました。

    現在でも、引き続き、中心市街地の活性化業務に
    関わっておられ、最近では、

    ◎ゲゲゲの女房にあわせ、ゲゲゲの鬼太郎に度々登場する
      調布が描かれたページをポスターにし、
      その描写のもととになっているお店の前に飾る
       「調布・布田・国領まちなかパネル展」

    ◎年金受給日に、ベンチや茶菓などを旧道のお店で用意し、
      シニアのみなさまにくつろいでいただく「旧道さんぽ」

    ◎店主やスタッフが客とコミュミケーションをとることで
      信頼関係を築くことを目的とし、店やまちのファンづくり、
      商店街活性化の施策として注目を集めている「まちゼミ」

    など、さまざまな企画で、中心的な役割を果たして
    いらっしゃいます。

    そんな山岸さんから、今回は、調布の商店会の最近の歩み
    や課題、今後の目標などを講演していただきます。

    ※今回は、木曜日で、会場は調布駅南口の
    「co-ba chofu」での開催です。ご注意ください。

    ★★★★★★★★開催概要★★★★★★★★★
    開催日時:10月9日(木)  19:00~21:00
    場   所:co-ba chofu
          調布駅南口 徒歩5分
          http://tsukuruba.com/co-ba/chofu/
          ※調布駅南口を品川通りまでまっすぐ進み
           品川通りとのT字路の右側、三井住友銀行の
           ATMがある建物の地下1階です。
    参加費 :一般1000円(はじめての方は500円)。
          会員は無料。茶菓付
    https://ssl.kokucheese.com/event/entry/221973/
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 09:49Comments(0)アットホームカフェ