たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2014年06月13日

第1回「調布未来語らいフォーラム」大盛況

自分の住む地域は、
自分たちで守る。
そんな気概のあふれた
ワールドカフェ


6月11日19時~2時間15分、調布市国領の
あくろす「あくろすホール」で、
「ヘルプカード普及プロジェクト」の一環として
第1回目の「調布未来語らいフォーラム」を実施しました。
30名をこえる参加者に来場いただき、
「調布での豊かな暮らしを考える」」ワールドカフェを
行いました。

今回のフォーラムはヘルプカードという
障害のある人がいざという時にまわりと
コミュニケ―ションをとるツールを普及させるために
行ったものなので、
「障害者も健常者も住みやすいまちとは」という
かなりストレートで難しい問いからはじまったのですが、
「障害とは何か」「健常とは何か」
「果たして住みやすいまちとは何か」と最初から
多様でなるほどと思わされる意見が出て、
有意義な時間となりました。

「他人事と思わない」「身近なところがはじめる」
「自分の関わる地域から連携を深めていく」
「多様な人たちが出会える場が必要」
「この想いを継続させていく仕組みが必要」など
未来に向けた前向きな提案も多数ありました。

次回は7月27日(日)の昼に、
 「調布のまちと災害を考えるワールドカフェ」  
を開催します。震災など災害が起こった時、
わたしたちはどうすればいいのか。どんな状況に
なるのか。その時障害のある人はどうなっているのか。
さけては通れない災害に対してあらかじめみんなで
思いを馳せておきたいと思います。
※詳細&お申し込みは下記フォームで。
 http://kokucheese.com/event/index/179449/

第3回目は8月3日(日)昼から
「調布のまちと生きやすさを考えるワーフドカフェ」
を開催します。
※こちらの詳細&お申し込みみは下記フォームで。
http://kokucheese.com/event/index/179519/
わたしたちはヘルプカードの普及を通しならが、
「誰もが安心して豊かに暮らせるまち」づくりを
目指していきます。



  


  • Posted by 調布アットホーム  at 12:02Comments(0)ヘルプカード普及プロジェクト