たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年10月02日

調布アイランドWGからのお知らせ

石原です。
朗報と少し悲しいお知らせを報告します。

まず朗報としては、今まで「くさや」の主原料とされてきた、
足のはやい「青ムロアジ」が「刺身」や「なめろう」にして
食べるとメチャクチャうまい! ということです。

9月28日に新島・大島からの海鮮・島野菜の第一便が調布飛行場に
届き、調布駅前の四季彩「調風」さんで、関係者があつまって
第1回目の試食会を開催しました。すると新島の定置網の海鮮は、
「調風」のシェフもおどろくほどおいしいことがわかりました。

特に網からあげてからわずか4時間で飲食店にならぶ飛行機便ならではの
「青ムロアジ」のうまさは格別。「青ムロアジ丼」を作ろうと盛り上がりました。

と、ここで誠に悲しいお知らせです。な、なんと新島の定置網に
「卵をかかえた高級魚タカベ」が入りはじめ、資源保護のため、
急きょ、定置網をあげることになりました(網ごと陸にあげるということ)。

つきましては、みなさまにご期待いただいていた16日・23日の
「お試しレストラン」は中止することとなりました。
定置網の海鮮は、あと2~3日、「調風」さんに届く便をもちまして、
年内は、終了となります。ぜひ今年に味わいたい人はここ2~3日
のうちに「調風」さんにかけつけてください。その際は、先に
店に電話して「新島の海鮮」があるかどうかお問い合わせください。

朝どれの明日葉など島野菜と新島豚も大好評で、こちらは
継続して飛行機を使って調布に運び、飲食店への提供は続けます。
また、10月以降は、アワビ・サザエ・トコブシなどの貝類、伊勢エビ、
タタキなどの加工品、海藻類、また、神津島からの1本釣りの鮮魚の
流通もはじまる予定です。

奇跡の魚、「青ムロアジ」が食べられる「お試しレストラン」は、
定置網が再度はじめる来年3月初旬に開催します。

とはいえ、随時、調布に「伊豆諸島」の食材は「調風さん」など
協力飲食店に届いていますので、気になる方は間もなく
立ち上がるHPをご覧ください(できたら別途案内します)。

気になる人はあと2~3日。調風さんにぜひお問い合わせください。
http://www.cho-fu.co.jp/chohu.html
  


  • Posted by 調布アットホーム  at 07:00Comments(0)代表日記