たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年05月29日

台湾の夜市に学ぶコミュニケーションビジネス

先日、台湾に出張してきました。
台湾の空港に着くと、ビジネスパートナーの李さんが90歳のお母さんと一緒に出迎えてくれ、すぐに一緒に温泉施設に行き、そこでちょっとしたコンサル業務の後、そこのレストランで久しぶりに日本語を話すという元気なお母さんと一緒に楽しく夕食をいただきました。

  翌日は仕事が終わって、夕方には奥さんと娘さん2人が合流して、家族が馴染みとしている台湾名物の夜市(毎晩やっているとのことででした)の屋台食堂で台湾の家庭料理と麺で簡単に食事して、先方の家族と夜市見物で楽しい散策でした。

初めて見るフルーツやカラフルなカキ氷のようなスイートやお饅頭などを次々と買って立ち食いしての散策はとても楽しかったです。家族を大切にしている李さんはビジネス相手としても信用できるという思いが残った出張でした。

今回始めての台湾訪問だったのですが、帰ってから考えてみると、今の日本ではほとんど家族同士のお付き合をしていないと気付きました。私も自分一人で調布アットホームに参加していますが、家族で参加して、家族同士でも交流するよいうにしたら、もっと人生の充実感があるように思います。

私のようなシニアの年代の方が会社をリタイヤされて、会社でしていたようにまた一人で地域に入って来ます。その感覚は地域という新しい会社に勤めるというちょっと緊張した感覚なのではないでしょうか?でも、その地域からは給料をもらう訳ではないから、会社勤めよりはただ気楽という感覚でしょうが。。。

私たちの活動のコミュニティービジネスの実現の仕方として、何か家族で出かけられ、個人が地域とつながる、台湾の夜市のような楽しい場所を調布に作れば自然なかたちでコミュニケーションビジネスが生まれてくるのでは? これって有りでしょう。
  


  • Posted by 調布アットホーム  at 01:00Comments(1)理事Nakajimaからのお知らせ