たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年05月24日

府中でもCB!

杉山裕子です。

調布のおとなり府中にもコミュニティ・ビジネスに注目する動きが出てきました。
府中NPO・ボランティア活動センターがコミュニティビジネスをテーマにした講座をはじめて企画したのです。
メイン講師は昨年「地域と私、始めの一歩塾」をご一緒に開催した三鷹CB研究会の堀池さん。
私、杉山は、実践紹介「調布で、自分発信とCB事業立上げ」というテーマでお話する機会をいただきました。

調布のCB推進やちょこネット立ち上げの試行錯誤のほか、
ちょこネットのメンバーの中からCB実践事例として「てづくり倶楽部 おたすけママ」「ままんすまいるかふぇ」さんをご紹介しました。

お二方とも特にCBを意識して活動されてきたわけではありませんが、だれよりCBだなって思います。
「こんなサービスがあったらいいのに」という自分たちの小さな思いからスタートしていますが、
活動を維持するためのお金の流れをきちんと管理し、分担を決めて責任ある活動を続けてこられました。

はじめて作ったぬいもの代行のチラシを幼稚園の門前でしかも子連れで配った、おたすけママの青山さん。その大胆さは脱帽ものです。
発信するって、そのくらいの覚悟がいるのかもしれません。

講座に参加されたのは50代~70代の府中市に住む男女8人。
「リタイア前にそのときのため準備」「これまで取り組んできた地域活動を進化させたい」「自分のあたためたプランに賛同してくれる人に出会いたい!」など思惑はそれぞれ。

地続き?ですから、今後連携するようなことも起こるかも!
楽しみです。

  


  • Posted by 調布アットホーム  at 13:00Comments(0)事務局のひとりごと

    2011年05月24日

    はじめまして。

    災直後に立ち上がった「調布市被災者支援ボランティアセンター」
    「味の素スタジアム」で行われた、一時避難所の活動が5月22日にその役目を終了しました。
    避難されていたのは主に、福島原発事故の影響受けた方々で、
    ピーク時には187名の方がいらっしゃいました。

    員が避難所を離れることができたことは嬉しいことですが
    ほとんどの方が都営住宅など、一時的な住居に移られたということで、
    一日も早く『我が家』に戻ることができるよう願っています。

    災直後「自分に出来ることは、何だろう?」そう思った約2,800名の方がボランティア登録されました。
    全国各地でそういった輪が広がっていきました。
    私も1日だけでしたが、支援物資の仕分け作業に参加しました。
    その時の参加者の「何か出来ること」に対する気持ちのパワーの凄さを実感しました。
    このパワーが、今度は別な形で地域の活性化や発展に生かされれば
    もっと『住みやすい調布』『全国に誇れる街、調布』にできる。
    そんな可能性を感じました。

    し遅れましたが私、今月より「調布アットホーム」の役員として
    事務局のお手伝いをさせて頂くことになりました入山敏之(イリヤマ・トシユキ)と申します。
    毎週火曜日、このブログページを担当することになりました。
    自分のブログの更新もままならないのに、週イチとはいえ忘れず
    続けられるか心配ですが、わが街「調布」の「あんなコト・
    こんなコト」を「気楽にそして気長に」更新していきたいと思います。
    どうぞよろしく。  


  • Posted by 調布アットホーム  at 00:01Comments(0)新参者・イリヤマの声