たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年04月21日

国領千年乃藤まつり





すいません。
先週の木曜日、すっかり書き込みを忘れていました・・・

さて、震災による自粛の自粛で、
春のイベントも少しずつ出てき始めました。

今回はその中でも、5月1日に開催される「国領千年乃藤まつり」をご紹介します。

「まつり」として行うのは、おそらく今回が初めてだと思います。

関連記事やサイトをリンクしておきますので、詳細はご確認ください。

この「千年乃藤」は「ちょうふ八景」にも指定されていて、本当にきれいです。
是非、一度ご観賞に行ってみてください。

国領千年乃藤まつり
國領神社
ちょうふ八景
調布経済新聞 千年乃藤の昨年度の記事  


  • Posted by 調布アットホーム  at 20:56Comments(0)役員・大前のつぶやき

    2011年04月19日

    多摩エリアの工業

    代表の石原です。

    昨年の秋からとある仕事で多摩エリアの企業取材を
    続けています。6~10人のライターで隔月で30社を取材。
    今日も1社取材してきました。

    工業系技術集積地としては東大阪や大田区が全国的に知られていますが、
    取材を進めていくうちに多摩エリアはエリアとしてみると、それに並ぶ、
    いや知られていないだけで、それ以上の「技術集積地」ではないかと
    思い始めました。

    町工場のように見えて世界的に名が知れられる会社だったり、
    小さな会社の技術がとんでもない最先端で欠かせない技術であったり。
    毎回毎回取材をして話を聞かせていただくたびに驚かされます。
    これは報道されていないだけで、多摩エリアという面でみると
    すごいものがありそうです。

    多摩エリアの中小企業の世界に冠たる技術を集めた物語の本を
    作りたいですね。情報としても読み物としても誇れるものが作れそうです。
    来年の今頃に出版できないかなあ。今度、企画書を書いて知り合いの
    出版社に持ち込んでみたいと思います。

    ここでは紹介できないですが、ピカイチの企業がたくさんあります。
    すでに数10社分ぐらいの情報は仕込みました。
    またまた、多摩エリアの魅力をひとつ発見しました!
    多摩エリア、奥が深いですね。
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 23:36Comments(0)代表日記

    2011年04月19日

    ソーシャルエナジー

    すぎやまです。

    先日、小田急線の経堂駅近くにある「Social Energy Cafe」に行ってみました。
    カフェでCBを目指す私にとって、気になる存在です。

    「美味しい社会貢献」プロジェクト銘打って、全国から福祉作業所などでつくられた商品を集めて販売したり、カフェメニューとして提供。形式ばらずに、気軽に社会貢献に参加できる方法を提案することをミッションとしています。

    ある日の懇親会メニューはこんなかんじ。

    [前菜] サーモンサラダ
    ・スモークサーモン:清水旭山学園(北海道)
    ・サラダ菜:世田谷区立砧工房(世田谷区)
    搾菜とうふ
    ・もめん豆富:蔵王すずしろ(宮城県)
    マッシュポテト&コンビーフ
    ・マッシュポテト:世田谷区立砧工房(世田谷区)

    [逸品料理] すうぃーとんのネギ塩ダレ
    ・長ネギ:せたがやそだち(世田谷区)
    ・豚挽肉(すうぃーとん):NPO 法人 SELP 花の木 花の木農場(鹿児島)
    からから亭の餃子
    ・豚挽肉(すうぃーとん):NPO 法人 SELP 花の木 花の木農場(鹿児島)

    [お食事] つぶ焼きうどん
    ・つぶうどん:皆の郷 川越いもの子製麺(埼玉)
    ・豚挽肉(すうぃーとん):NPO 法人 SELP 花の木 花の木農場(鹿児島)
    ※各お料理につかっている「塩」は『九州志摩の自然塩』をつかっています。
    ・九州志摩の自然塩:社会福祉法人 福岡愛育会 玄海学園(福岡県)

    [スイーツ] 焼き菓子の盛合せ
    ・マドレーヌ:NPO 法人 もくもく もくもく第二作業所(横浜市)
    ・きなこクッキー:社会福祉法人 大原福祉作業所(世田谷区)
    ・雪のボール:社会福祉法人横浜愛育会 おおぐち工房第二(神奈川県横浜市)

    [他]
    ・ワイン「こころぜ(ロゼ)」、「2008足利呱呱和飲(白)」、「2008農民ロッソ」
    ・焼酎「もやいの里」「野の花」、「夢のつづき」

    カフェでは、社会的・文化的な活動をしている人たちがイベントも実施します。
    私がこの日参加したのは、「親子で絵本を楽しむ方法」という講座。
    うれしい偶然で、調布からいらした親子とご一緒できました。
    講座のあとは、みなで昼食をとりながらおしゃべり。
    もちろん、このランチも福祉作業所などでつくられた食材で調理されています。

    さらに帰りがけには「菜の雫」いうなたね油を購入しました。
    岩手県雫石町の福祉作業所のみなさんが丁寧に精油したものだそうです。
    きれいな色に誘われて、手にとりました。



    私もしっかり「美味しい社会貢献」をしてきました。  


  • Posted by 調布アットホーム  at 00:25Comments(2)事務局のひとりごと