たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年03月15日

気づき、思いを致し、アクションを起こす。

震災直後に調布で「有縁社会」を考える

代表の石原靖之です。東北地方太平洋沖地震があり、朝まで開催するか
どうするか悩んだのですが、13日午後(日)に、
「コミュニティビジネスで無縁社会を壊せるか」というイベントを開催しました。

「無縁社会を有縁社会に戻すもの」。それは、問題に気づき、他人への思いをなし、
専門外といわず、他人事だと思わずにアクションを起こすことだ。
そんな思いを抱いてイベントを企画・準備していただけに、震災に苦しみ、
死者も多数出ているなかで、呑気に議論していていいのか、という
複雑な苦しみでした。

でも、今こそ、「問題に気づき、他人に思いを致し、アクションを起こすことを
考えるには一番いいときだ」と、勇気をもってイベントを開催しました。
結果、30名近い方に参加していただいて、いつもより深く議論ができたと思います。

被災地に駆け付けたいという気持ちもあります。しかし、駆けつけても今は
邪魔になるだけ。それよりできることからアクションを起こす。身近なことから
アクションを起こす。すでに多くの人がさまざまな立場でアクションを
起こされています。お父さん頑張れ! お母さん頑張れ! 平成生まれ頑張れ! 
子供も負けるな! シニアも頑張れ! 40代・50代も頑張れ! 
東北の人頑張れ! 日本人頑張れ! 
私も個人としてできる限りのことはやっていきます。

                      調布アットホーム代表・石原靖之  


  • Posted by 調布アットホーム  at 17:44Comments(3)代表日記