たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年03月06日

調布の無縁社会をこわせるのか?

団地高齢化問題と授産品ブランドの
取り組みから無縁社会を考える

~つづきです。
3月13日の「えんがわフェスタ」で「調布アットホーム」が行う
「コミュニティビジネスで無縁社会が壊せるか」という分科会で
ぜひみなさまに聞いてほしい、当日の事例講演をしてくださる、
2名の方の取り組みを簡単に説明しています。

2題目は、八王子市で、国際的にも有名なチェロの国際コンクールを開催する
NPO法人「チェロ・コンサートコミュニティー」の小澤尚弘事務局長のお話です。
この団体は八王子市と共同して3年に1回、この国際コンクルールを開催する
かたわら、1年に30回以上のプロアマあわせた街角コンサートなども実施。

その一方で八王子市の授産施設と連携して、数年前から「カテカッサ」という
授産品ブランド
を創出し、「竹紙を使ったレター」や「バッグにもなるエプロン」
などを開発し、多摩信用金庫さん主催のコンテスト「多摩の逸品」で、
09年と10年の「多摩の逸品」を受賞されています。

当日はこの取り組みのきっかけから、広がり、思わぬ想像もしなかった
効果なども語っていただきます。また、この団体の年30回にもおよぶ
街角コンサートも秀逸なので調布市の音楽関係者にも聞いてほしいですね。

昨日のブログでも書きましたが、無縁社会を破る一歩は、問題に
気づたひとり人が声をあげること。専門外だから、自分とは関係ないからと思わず、
ひとりが立ち上がることです。声をあげてみれば、意外と近くに仲間はいるものです。
同じ思いの人は案外多くいるものです。

豊かなコミュニィを再生し、暮らしていて楽しく安心な街へ。
調布をそんな街にしたいですね。

イベント自体の詳細は、
http://chofu-npo-supportcenter.jp/_event/02-05348.htm
l
「調布アットホーム」の分科会の詳細は、
http://chofu-npo-supportcenter.jp/_event/02-05299.html
参加希望の方は上記HPから市民活動支援センターに参加申し込み用紙を
ファックスしていただくか、お電話でお申込みください。無料です。
調布市の福祉作業所のお菓子各種、コーヒーなどの飲料を
用意しています。ぜひ参加を!

            調布アットホーム代表 石原靖之    


  • Posted by 調布アットホーム  at 10:47Comments(0)代表日記