たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2010年05月18日

未知の組織と運営法を創る産みの苦しみと楽しみ

5月14日の「代表日記」にも書いた通り、「調布アットホ―ム」には、
短期間で公認会計士、デザイナー、イラストレーター、英会話教室経営者、
主婦、ITベンチャー代表、シニア、経営コンサル、福祉系NPO運営者、編集者、
ライターなど、年齢も性別も職業や経歴も違う人が奇跡的に集まりました。

とはいっても「調布アットホーム」がやろうとしていることは、未知の領域の
ことでもあります。「地域のために。調布のために」という1点の想いで集ってきた
一般市民が、「地域」の「問題解決」や「活性化」のために
「小さいながらも限りなくボランティアに近いながらも『ビジネス』に取り組む」。
もしくは
「限りなくボランティアに近いテーマを、『継続性』『責任性』を担保するために
あえて『ビジネス』」に取り組む」。
時には「企業」と組み、時には「企業」と競り合う可能性もある。

そんなことを十分承知の上でこんな「未知のこと」に取り組むのは、
それが『未来』の
「地域のあり方」、
「市民参加の新しいカタチ」、
「地域サービスの新しいカタチ」
と思うからこそです。 つづく(長いので別項にします)。  


  • Posted by 調布アットホーム  at 23:51Comments(0)代表日記