たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年01月12日

三鷹の元気なシニア達


三鷹のシニアSOHOは有名ですが、同じ三鷹に日本シニアジョブクラブ「JSJC」という元気なシニアのグループがあります。
成清さんという元気なおじさんが、昨年の初めに既存の組織と全く関係ないグループとして仲間を集めて立上げたグループです。自分達のシニアパワーで、シニアに適した事業を開発・開拓して、その事業をシニアに提供しようと考え、自分達で事業の開発・開拓の検討をしながら、同様な悩みを持つシニアを会員として募集することを始めた任意団体です。
私も立ち上げの時からのメンバーですが、リーダー始め会員は熱い思いの人で、どんどん集まっています。

12月に行なった新入会員募集の説明会には、50人が入れる会場がいっぱいになり、その場で13人が入会を決めてくれました。
このすごいことをしている成清さんには、そのうちに調布のアットホームにも来ていただき、お話しをお聞きしたいと思っていますが、いかがでしょうか。

上の写真は、昨年の忘年会での記念写真です。


ホームページには、参加者が守る「シニア心得10ヵ条」なんかも出ていて、手作りですが楽しいですから見てください。
http://www.jsjc.web.fc2.com
  


  • Posted by 調布アットホーム  at 01:00Comments(2)理事Nakajimaからのお知らせ

    2011年01月06日

    新年明けましておめでとうございます。

    皆様、明けましておめでとうございます。
    先日の石原会長からの新年挨拶の投稿に書かれているように、今年は盛り沢山のイベントでスタートですね。
    私も、微力ながら楽しくお手伝いさせていただきます。
    参加している人達が楽しく活動していることで、調布アットホームカフェはますます活性化して会員も増えてくると思います。



      


  • Posted by 調布アットホーム  at 23:05Comments(0)理事Nakajimaからのお知らせ

    2010年12月22日

    そもそもコミュニティービジネスとは?

    先日の役員会で、来年度の活動方針を決めるための検討を行なった。
    すでに、このブログで紹介されたように役員各人が今思っていることをメモで書き出していって、皆でロジックモデルを構築していこうというものだった。
    実は、私がその場で気が付いたことは、そもそもこの会の原点であるコミュニティービジネスについて、自分自身がよく分かっていないという現実だった。

    そこでネットで「コミュニティービジネスとは」と検索して見たら、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター(CBS)のホームページに詳しく出ていた。 このNPOの主催する資格講習会には、既に当会の杉山さんも受講して資格をとられているので、私がこのホームページを見て関心していることがお恥ずかしいのですが、今更ながら熟読してみると、なーるほどそうだったのか!「コミュニティビジネス!!」と、とても勉強になりました。

    ホームページ 曰く======
    コミュニティビジネスとは、市民が主体となって、地域が抱える課題をビジネスの手法により解決し、またコミュニティの再生を通じて、その活動の利益を地域に還元するという事業のことの総称です。

    コミュニティビジネスは法人、資格を示すのではなく、「地域性・社会性+事業性・自立性」を伴った地域事業のことを指します。



    コミュニティビジネスに期待されていること
    ●地域の特性を生かした新しい地域社会づくり
    ●商店街、まちの活性化 
    ●顔の見える地域社会の再生  
    ●地域での雇用創出  
    ●生き甲斐づくり etc

    これまでのようにどの町にもチェーン店、大型店が並ぶような、画一化された地域社会ではなく、地 域、町、市民に合ったまちづくりの推進を図り、市民が主体となって特徴のある地域社会の創造を目指すものであります。
    コミュニティビジネスは決して新しい考え方ではなく、むしろ地域中心のまちづくりを進めるという点では、旧来の村社会に近いものがあります。
    ==========
    ご興味がある方々は、直接ホームページをご覧ください。
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 12:00Comments(0)理事Nakajimaからのお知らせ