たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2010年04月25日

『調布アットホーム』の理念

「調布アットホーム」は、「自宅のようにくつろげる調布」「安心できる調布」「暮らしやすい調布」づくりを目指す「コミュニティビジネス推進委員会」です。

 

私たちは、地域へのより多くの市民参加を目指し、「コミュニティビジネス」という手法を用いて調布市で新たな市民活動を開始しました。

 私たちの第一義とするところは調布市での「地域の問題(課題)の解決」。ひとりの力ではどうしようもない団地の高齢化や子育て、農業、商工振興、商店街やコミュニティの活性化、観光、シニアのスキルを地域に生かす組織づくりなど、地域の問題や課題を市民が手を取り合い、協力しあってアイデアを出しあうことで解決に導く。あえて「ビジネス」の視点を取り入れたのは、責任を持って継続的にその問題解決に取り組みたいからです。
 
 地域密着型事業ともいえる「コミュニティビジネス」という手法は決して大きな利益を生むものではありません。また、小さいなりにも「ビジネス」の手法を取り入れることは、市民活動においては、ある意味ハードルの高さをあげる行為でもあります。しかし、私たちがあえて新たなスキルやノウハウを学んでまでこの手法にこだわるのは、市民が自立して地域の問題解決に取り組むにはこのスタイルしかないと考えたからです。

 私たちの第一歩で、さまざまな地域の悩み・問題・課題にあわせて、調布市内の各所に、「地域の問題(課題)の解決」を第一義とした小さな事業体がいくつもできる。そしてそれがゆるやかにつながる。それが私たちの目指すところです。

 また、私たちは「地域のために」をテーマとした行政、教育機関、企業、金融機関、NPO、一般市民などのネットワーク化も推進します。私たちが見据えるのは、「問題が少しでも改善されてより暮らしやすくなった調布」。次々と「CB事業体」が立ち上がり、問題が解消され、暮らしやすさで「全国に誇れる街となった調布」です。

ひとりの力は小さくても力を合わせることで大きなうねりになることもあります。私たちは決してあきらめない――「調布アットホーム」は多くの市民の方々、行政、教育機関、企業、金融機関、NPOの方々の参加を心よりお待ち申し上げています。どうぞあなたのスキル、時間、知恵、情熱を「調布」のためにお貸し下さい。

 

調布CB推進委員会「調布アットホーム」代表  石原靖之


※これは初期メンバーに配られたものです。立ち上げ当初の息吹が感じられるので手を加えずそのまま掲載しています。



  • 同じカテゴリー(調布アットホームとは)の記事画像
    市といっしょにやるまちづくりって?
    調布アットホームHP誕生!
    アットホーム流事業アイデアブラッシュアップ会議
    アットホームカフェは毎月第2土曜午前に開催!
    調布アットホームに新しい役員誕生 ~プロフィル~
    「調布アットホーム」の設立の経緯
    同じカテゴリー(調布アットホームとは)の記事
     市といっしょにやるまちづくりって? (2017-02-02 23:32)
     調布アットホームHP誕生! (2015-12-04 21:54)
     アットホーム流事業アイデアブラッシュアップ会議 (2015-10-26 17:10)
     アットホームカフェは毎月第2土曜午前に開催! (2015-05-18 23:59)
     調布アットホームに新しい役員誕生 ~プロフィル~ (2011-05-17 11:30)
     「調布アットホーム」の設立の趣旨 (2010-05-01 04:57)

    Posted by 調布アットホーム  at 22:07 │Comments(3)調布アットホームとはアットホームの理念

    この記事へのコメント
    24日に調布市民プラザあくろすで、調布市民活動支援センター主催のえんがわファンド交流会というものがありました。
    そこで他団体の方に、シニアの仕事について質問され、「調布わいわいサロン」の立場でお話を伺いました。
    伺っていると、どうもコミュニティビジネスにつながるような思いを感じるもので、シルバーセンターより仕事内容も依頼時間もももっと大きい需要に答えられ、企業では対応しきれない小回りが効く対応、それでいて収入というよりは仕事がしたいシニアで立ち上げたい。
    お渡しできるような資料がなかったので、とにかく「調布アットホーム」の名前をお伝えしました。
    なにかアタックがあったら、よろしくお願いします。
    Posted by マダムポアン at 2010年04月26日 09:02
    マダムポアンさま
    書き込みありがとうございます。24日の件ありがとうございます。本当にシニアの仕事を発生させないと、と思っています。
    まずはともに汗を流してくれるメンバーを募集です! 仕事は受け身ではありませんが、能動的になれば「多少のお金を払ってでも手伝ってほしい」と思っている方はたくさんいます。
    肝は「発想の転換」。調布を「我が家」のように楽しい街にするためにもシニアの方々にも元気で、楽しく過ごして頂かなければなりません。アクセスあったら対応致します。
    代表・石原靖之
    Posted by 調布アットホーム調布アットホーム at 2010年04月27日 20:08
    「府中そうしん」と申します。 アットホームさんの活動のことは、以前に聖蹟桜ヶ丘で講演して頂いたこともあり、(その際にはあまり話をする時間がなかったのですが)存じ上げております。小生もシニアの力で何か仕事を・・・・と、取り組んでいます。おっしゃる通り発想の転換で、まだまだ新しい事業を展開出来ると思っているうちの一人です。縁がありましたら、是非とも一緒に仲間に入れて頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。
    Posted by soushin2soushin2 at 2013年08月03日 22:59
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    『調布アットホーム』の理念
      コメント(3)