たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2015年10月26日

アットホーム流事業アイデアブラッシュアップ会議

まちしごとを支える仕組み
CBが生まれる瞬間を
   共有したい


なぜ調布アットホームから
地域の課題解決や活性化を実現する、
コミュニティビジネスの事例が次々と生まれるのか。
その理由を体感できるイベントを
11月14日(土)10時~12時に開催します。

題して、なるほどそうだったのか!
 調布アットホーム流 創業支援プログラム
   「ご意見どーじょー」

名前はふざけているように見えますが、通常、
創業講座や相談などでは1対1のアドバイスになります。
しかし、調布アットホームでは、士業もいたり、
クリエイターや主婦、シニア、経営者がいたり、
多彩多様な人がいる中で、事業アイデアを提案して、
収益モデルやロードマップを突っ込まれたり、
さらに多彩なアイデアをもらったり、人脈を紹介して
もらったりして事業を全員でブラッシュアップしあうのです。

参加者の数だけ多様なアイデアやノウハウ、スキル、
人脈が重なり合う。そのすごさを想像できますか?
定期的にここで事業状況を説明したりすることで、
事業のさらなるブラッシュアップも可能です。
こうしてナレッジや情報、人脈を互換しているのです。
11月14日のアットホームカフェは、
この「ご意見どーじょー」に3組の挑戦者が挑みます。

◎ひとり目は、西垣泰子さん。
 テーマは「シニア・高齢者お助けサイトデザイン」
 シニア・高齢者にストレスのかからないコンテンツで、
 新たなサイト構成デザインを提案する。
 そんなテーマの事業モデルをブラッシュアップします。 

◎ふたり目は、南洋子さん
 テーマは「自宅介護家庭開放型 多世代交流おうちカフェ」。
 母親の介護をしながら、自宅を拠点に、地域の多世代交流の場と
 支援ネットワークづくりを促進する事業アイデアを
 ブラッシュアップします。

◎三人目は、磯原直道 さん、
 「調布・ぬのまちプロジェクト
   ―調布のまちは「布」をテーマに活性化できるか―」 
 同名の取り組みで調布の活性化に挑む団体のさらなる事業の
 ブラッシュアップを行います。

ぜひあなたも参加して、アイデア、ノウハウ、人脈などで
3人の挑戦者を応援していください。
どれも地域の課題を解決したり活性化させるアイデアです。
あなたの参加をお待ちしています。

なお、終了後、調布アイランドの取り扱う
島の魚が食べられる「ランチ妄想会」も開催します。
おいしい魚を食べながら妄想を語りあう1時間です。
「調布アイランド」もこんな中から生まれてきました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
主 催:調布アットホーム
日 時:11月14日(土)10:00~12:00
会 場:調布市市民プラザあくろす2Fスペースはばたき
定 員:40名
参加費:会員無料。一般の方は初回500円、
    2回目以降の方は1000円(茶菓付き)
申込み:下記のフォームからお申し込みください
http://kokucheese.com/event/index/348767/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  


  • 2015年10月24日

    わくわーく7号好評配布中!

    わくわーく7号が
    完成しました!
    調布市内で
    好評無料配布中!



    わくわーくは調布市福祉作業所等連絡会が発行する、
    およそ福祉らしくない福祉マガジンです。
    4年前から年2回7000部を発行。調布アットホームで
    編集制作をし続けてきました。

    どのくらい福祉らしくないかというと、7号の第一特集の
    タイトルは、
    「読者もですが福祉作業所訪問
     福祉作業所ってなんだか楽しい!」

    女子高生4人に福祉作業所に初訪問してもらって、
    作業を体験したり、パンを試食して感想を聞いたり。
    お土産までもらっちゃいましたというのが記事。

    第2特集は、フットサルの写真です(笑)!
    タイトルは、
    「調布の福祉作業所は
    私たち若い力が担っています」


    6~7ページでは、調布駅前の「不動商店会」さんと
    中国料理「ゆえん」さんに日ごろ障害を持った人たちが
    よくしてもらっている感謝の想いをこめて表彰状を贈っています。
    わくわーくでは、市内のコンビニや美容院に
    表彰状を贈る活動も続けています。

    そして裏面8ページは好評のライフスタイルインタビュー。
    今回は1時間で3枚の水彩画を描いてしまうという
    非凡な才能を持つ方のインタビューです。

    障がいのある方も、それを支えるしごとのひとも、
    市民の方も関係なく、「わくわく」して暮らせるまちが
    豊かなまち。わくわーくはそんな調布のまちの
    ある日のシーンを切り取ってお伝えする
    雑誌を目指しています。

    市内各所で無料配布中。ぜひコレクションしてください。  


  • Posted by 調布アットホーム  at 20:55Comments(0)

    2015年10月05日

    調布市制60周年記念公式未来会議開催

    市制60周年を祝賀する
    調布市民100人未来会議
    参加者募集!


               (珍しい丸型のチラシ)
    調布市は今年市制60周年を迎えました。
    その式典が11月8日にグリーンホールで行われます。
    その式典のあと午後から、グルーンホールの
    小ホールにて公式記念のイベントとして、
    調布市民100人の参加による、10年後の未の調布を
    語り合う「未来会議」を開催します。

    参加費は無料。ちょっとしたお土産もあります。
    調布への夢を持っている人、自分ならこうできるという
    アイデアを持っている人、ぜひ参加ください。

          (ワークショップで使うチラシ裏面)
    ◎式次第
    ☆「子育て」「若もの」「福祉」「まちづくり」の分野で、
     近隣市町村からも注目される市内の4人の
     ゲストがまちづくりに対する熱い思いをミニミニ事例講演
    ☆そのあと「調布の魅力」と1「課題」、10年後の未来、
     そしてそのために我々ができることを話し合う
     ワークショップ(ワールドカフェ)を行います。
    ☆話し合われた内容はその後、およそ2週間、
     市役所ロビーで公開展示します。

               (ポスターデザイン)
    ぜひみんなで次の新たなる未来への調布像を語り合い、
    理想の未来に向けた「今からできる事」をみつけましょう。

    ■参加応募方法
    少しややこしいですが、
    調布市協働推進課のホームページからお願いします。
    問い合せ/調布市協働推進課042-481-7036

    ●主催/調布市
    ●企画・運営/調布アットホーム+coba-chofu

    ◎参加者には、調布野菜カレー、鬼太郎ハンカチ、
     木島平コシヒカリ2合などお土産を用意しています。

    ◎参照資料/ミニミニ事例講演トークのゲスト紹介

    ☆調布駅前に誕生した注目の子育て交流カフェ「aona
     の杉山裕子さん、
    ☆先日1周年を迎えた多彩な地域イベントを開催する、
     コワーキングスペース「coba-chofu」の薩川良弥さん、
    ☆駅前でのイベント開催や雑誌「わくわーく」の発行など、
     元気な動きを見せる市内45の福祉作業所等の
     ネットワーク、「福祉作業所等連絡会」の長尾英治さん
    ☆コミュニティビジネスという手法で、「調布アイランド」や、
     「調布まちシネマ」などを生み出し、調布の課題解決や
    活性化に取り組む「調布アットホーム」の石原靖之さん

      


  • Posted by 調布アットホーム  at 15:22Comments(0)イベント予定