たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2015年01月27日

2月14日は多摩CBシンポジウム

『coba-chofu』運営者、
 薩川良弥さんが登壇!
  「思い」を語ります!


年1回の多摩地域のコミュニティビジネスの祭典、
「多摩CBシンポジウム2015」を2月14日に
明星大学をお借りして開催します。

今年でもう7回目となるんですね。
今年の基調講演は、西国分寺の「クルミドコーヒー」の
オーナー影山知明さん。ベンチャーキャピタルや
クラウドファンドなどの分野で活躍するとともに、
西国分寺にて、素晴らしいカフェ文化を創造。
地域通貨「ぶんじ」の中心的なメンバーです。

シンポジウムは3部制になっていて、2部は世代別の
テーマにした3つの分科会を開催します。
その中の「若者」をキーワードにした分科会は、
私、石原が企画・運営する、
「多摩の次の流れを読む
20代 30代が地域を変える≪次世代の芽≫アワード」

を開催します。
この中で、なんと我らが調布の
「coba-chofu」、「green drinks chofu」、
「Patchwaork Chouf」と多彩な「場」を創り出し、
運営する「薩川良弥」さんが登壇します!
薩川さんのメジャー?デビュー講演です!

その他も東京のコミュニティFMで出身の北海道の
旭川市のPRを作ってそのまま旭川市から認められて、
公式観光大使になってしまったというフリーアナウンサー、
映画「あんてるさんの花」でメインロケ地にもなった
吉祥寺のコミュニティカフェを経営する30代など、
元気な20~30代が登場します。
アワードといいながら順位付けは意味がないので
しませんが(笑)、多摩の新しい息吹を感じてください。

詳細は、
http://tamacb.org/blog/708/
参加には申し込みが必要です。
https://www.tamashin-web.jp/cgi-bin/mail.cgi?id=tamacb2015  


  • Posted by 調布アットホーム  at 12:16Comments(0)代表日記

    2015年01月26日

    調布まちシネマ第4弾!

    いよいよ1月29日より
    調布まちシネマ第4弾!
    日活「危いことなら
    銭になる」上映会開催


    巨大シネコンが調布にできるという発表がされましたが、
    なんのその!
    映画撮影所が2か所もあり、映画関連会社は
    30社以上もあり、映画の職人さんも多数住むという
    地域資源を生かして、「映画のまち」ならではの、
    「映画のある生活」、「映画をもっと身近に楽しめるまち」を
    作り出すための、調布アットホームのワーキンググループ、
    「調布・まちシネマ」がまたまた仕掛けます。

    「映画を上映する環境を整えたが、単独では映画上映権を
    買えない」という飲食店やライブハウスと組んで、
    共同で上映権を映画会社から買って、複数日で複数個所で
    こだわり映画を上映するという仕組みです。

    今回は、調布に撮影所のある日活さんにも応援いただき、
    鬼才・中平康監督の名作「危い(ヤバいことなら銭になる」
    を調布市内4か所で上映します。

    このプロジェクトは、映画に出てくる俳優さんや照明さん、
    大道具さん、CG制作者など、市内の映画関係者や
    映画関連会社などが突然上映会に現れたり、
    職人さんが現れたりするような、調布ならではの
    上映会や、映画の楽しみ方を提案しようとしています。

    じわじわと映画関係会社や職人さんと関係を作りつつあります。
    市内の関係者のみんさん、市民のみなさん、
    シネコンはシネコンで楽しいですが、
    「映画のまち」ならではの「まちおこし」にも協力ください。
    上映会の詳しい情報は、
    http://chomacine.tamaliver.jp/  


  • 2015年01月09日

    15日のアットホームカフェ・ゲストスピーカーは西調布の活性化を目指す谷田さん!


    西調布の一番街の
    「つくるまちプロジェクト」
    の谷田さんが登場!
    みなさん、明けましておめでとうございます。
    今年も「調布アットホーム」をよろしくお願いします。
    さて、、新年1回目の「アットホームカフェ」の詳細な
    お知らせさです。1月15日(木)に19時から
    調布駅南口の「たづくり9階研修室」で開催します。

    ゲストスピーカーは、西調布駅近くの商店会、
    「西調布一番街」で、「シェア・アトリエ」を運営する
    「ブルースタジオ」という会社のスタッフの谷田恭平さん。 
     
    昨年10月に街の活気を取り戻すために、商店街に
    物件を所有する石川恭さんなどが、中野区にある、
    空間を通じたライフスタイルの提案を行う会社
    「ブルースタジオ」に相談しました。

    そして、街の活気を生む活動家を集めるための
    「つくるまちプロジェクト」が始動
    このプロジェクトの中から、『楽しいをつくるまち』をコンセプトに、
    アーティストなどを誘致することで、商店街の活性化を目指す、
    「シェア・アトリエ」が誕生しました。
    2014年12月には5組の入居が決まり、今年から
    製作・販売・展示・イベントなどを行っていくそうです。

    また、このプロジェクトのすごいところは、なんと、谷田さんは、
    ブルースタジオのスタッフとして、、プロジェクトのレポーターとして、
    アトリエの2Fに「住み」、情報発信などを行っていることです。
    すごい! 意気込み度が違います。

    ぜひ1月の「アットホームカフェ」にお越しください。
    茶菓を用意してお待ちしています。

    申し込みは、下記まで
    http://kokucheese.com/event/index/253013/

    ★★★★★★★★開催概要★★★★★★★★★
    開催日時:1月15日(木)  19:00~21:00
    場   所:「たづくり9階研修室」      
           調布駅南口 徒歩5分
    参加費 :一般1000円(はじめての方は500円)。
          会員は無料。茶菓付
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

    ※このプロジェクトについては、調布経済新聞の記事も参照ください。
    また、関連サイトとして下記もご覧ください。
    個人インタビュー:
    http://ringthissue.tumblr.com/post/97960324750
    会社:
    http://www.bluestudio.jp/
    プロジェクト:
    http://tsukurumachi.tumblr.com/
    プロジェクトfacebook:
    https://www.facebook.com/tsukurumachi?fref=ts

    (西調布駅近くの商店会、「西調布一番街」)  


  • Posted by 調布アットホーム  at 11:02Comments(0)アットホームカフェ