たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2014年09月10日

障がいのある人のサポートハンドブック無料配布中!

ヘルプカード&
障がいのある人の
サポートハンドブック
無料配布中


「調布ヘルプカード普及プロジェクト委員会」が
発行し、今、市内で無料配布している、
「ヘルプカード&
障がいがある人のサポートハンドブック」
を調布アットホームで作成させていただきました。

A5判の8ページ仕立て、
障がいのある人が困っていること、
障がいの種類と接し方について
ヘルプカードの意味と利用例を
イラスト入りでわかりやすくまとめました。
市役所障害福祉課、旧甲州街道沿いの
「ちょうふだぞう」さんなどで無料配布しています。

ヘルプカードとは、障がいがある人がいざという時に
まわりの人とコミュニケーションをとるためのカード。
調布アットホームではこのこのプロジェクトで、
市内でのヘルプカード普及のために、
1、5回に渡る、ヘルプカードの話をベースに
  調布での豊かな暮らしを語らう場
  「調布未来語らいフォーラム」の開催
2、ホームページの立ち上げ
  http://helpcard.chofu.com/
3、ヘルプカード紹介動画の作成
4、小中学生対象のポスターコンクールの開催
  (10月1日~12月7日まで、福祉センター、
  市役所2Fロビー、市民活動支援センターで展示)
  http://helpcard.chofu.com/concours.html
5、「サポートハンドブック」の作成
  http://helpcard.chofu.com/handbook.html
の取り組みを行っています。

次回は、9月27日(土)13時30分~16時30分で
その名もズバリ、「豊かな調布の未来を考える」
語り合いの場を開催します。ぜひいらしてください。
http://chathome.tamaliver.jp/e394265.html
  


  • 2014年09月08日

    9月27日「調布未来語らいフォーラム」開催

    調布ヘルプカード普及プロジェクト
    豊かな調布の
     未来のカタチとは?

    第4回「調布未来語らいフォーラム」 2014.9.27


    ヘルプカードをきっかけに「豊かな調布」を考える
    「調布未来語らいフォーラム」も第4回目となりました。
    今回のテーマは「豊かな調布の未来を考える」。

    調布ってイベントもたくさんあって豊かなまちだけど、
    「人の暮らし」の面からみてるとどうなのか、本当に
    豊かなまちとは、どんなまちなのか。
    調布で学生時代からボランティアで福祉に関わり、
    そのまま調布市福祉協議会の職員となり、
    現在、「調布市希望の家」の施設長の飯田真喜子さんと、
    福祉作業所「わかばの会」にかかわって18年の
    長尾英治所長の話を聞きながら、
    みんなで考えます。

    進行役(ファシリテイト)はCOBA-CHOFUの薩川良弥さん。

    薩川さん、飯田さん、長尾さんのトークセッションを
    聞いたあと、「ワールドカフェ」といって多人数でゆったり
    会話する手法を使って、豊かな未来のカタチを考えます。

    参加費は無料。茶菓や音楽を用意します。
    お気軽にぎ参加ください。
    ※参加希望の方は下記フォームからお申し込みをお願いします。
    http://kokucheese.com/event/index/188693/

    ◆会場/京王線「国領駅」前 調布市市民プラザあくろす
          3Fあくろすホール
    ◆時間/13時30分(13時10分開場)~16時
    ◆主催/調布ヘルプカード普及プロジェクト
          (◎調布市障害福祉課
           ◎障害者地域生活・就労支援センター
             「ちょうふだぞう」
           ◎「調布コミュニティビジネス推進委員会
             「調布アットホーム」)

    ※調布ヘルプカード普及プロジェクトの詳細は、
      公式ホームページをご覧ください、
     http://helpcard.chofu.com/

      


  • Posted by 調布アットホーム  at 12:00Comments(0)ヘルプカード普及プロジェクト

    2014年09月04日

    9月12日はアットホームカフェ!今回のゲストは、寺社マルシェ「手作り市」の大丸さん

    布多天神社での手作り市の様子


    9月のアットホームカフェ
    寺社マルシェ「手作り市」の
    魅力のすべてを聞こう

    会場/調布駅南口「COBA-CHOFU」

    調布の深大寺や布田天神で開催されている「手作り市」を
    ご存知ですか? 深大寺では2010年から、布多天神社では、
    2011年から開催されています。

    「手作り市」とは、『手芸・工芸などの作り手、自らが作品を
    販売するスタイルで、モノを通じて人と人の縁をつくること』を
    コンセプトにした寺社マルシェとのこと。

    8月末の「よさこい」では、調布駅前広場でも
    出張開催されていました。今までに手作り市は
    100回以上開催、約1200名が登録されているそうです。
    最近、すっかり定着し毎回、本当に多くのお客さまで
    にぎわっています。

    9月のアットホームカフェでは、その主催者の
    大丸真一郎さんをゲストスピーカーにおよびして、
    、「手作り市」を始めたきっかけや集客、継続運営の
    秘訣など、いろいろなお話を語っていただきます。

    大丸さんご自身の本業はリサイクル・お片付け業。
    昨年整理収納アドバイザー1級も取得されたとか。
    小金井市在住ですが、地元武蔵野市の消防団員も
    されていらっしゃいます。

    「アットホームカフェ」は、会員以外の方でも
    誰でも参加できます。
    ぜひ、ご友人にもお声がけのうえ、
    ご参加ください。

    今回のカフェは木曜日ではなく、金曜日に開催します。
    さらに会場は調布駅南口の「COBA-CHOFU」となります。
    ご注意下さい。

    ★★★★★★★★開催概要★★★★★★★★★
    開催日時:9月12日(金)  19:00~21:00
    場   所:co-ba 調布
          調布駅南口 徒歩5分
          http://tsukuruba.com/co-ba/chofu/
          ※調布駅南口を品川通りまでまっすぐ進み
           品川通りとのT字路の右側、三井住友銀行の
           ATMがある建物の地下1階です。
    参加費 :一般1000円(はじめての方は500円)。
          会員は無料。茶菓付
    申し込み:http://kokucheese.com/event/index/213187/
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 10:06Comments(0)アットホームカフェ