たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2014年07月30日

ワールドカフェ開催

8月3日に
調布ヘルプカード
普及プロジェクト
第3回「調布未来語らい
フォーラム」を開催!


ヘルプカード普及プロジェクトが進んでいます。
7月24日には「調布と災害を考えるワールドカフェ」を
開催。ゲストスピーカーに社協の職員であり、
市民活動支援センター長、被災者支援ボランティア
センター長でもある朝日敏幸さんを迎え、
障がい者との関わりや、被災者支援の様子、
被災者支援の現場で見聞きした現場の状況や
そこでの障がい者のおかれた環境について
語っていただきました。
             ☆
一般市民の方、障害のある方、福祉関係の方、
親の会の方、防災関係の方、行政の方など、
多彩な33名の方に参加いただき、
貴重な意見交換や情報交換ができました。
もちろん、その際のヘルプカードの役割についても
語り合いました。

次回は8月3日(日)13時から、
 「調布のまちと生きやすさを考える」をテーマに
開催します。
ゲストスピーカーには、
生きにくさを感じるさまざま人を支援する、
「プラスハンディキャップ」というWEBマガジンを
発行する佐々木一成編集長をお迎えします。。
http://plus-handicap.com/
ともに生きにくさ、生きやすさ、誰もが安心して
豊かなに暮らせるまちなどについて話し合いませんか。

どなたでも参加できます。調布に長く住もうと
思われている方、まちづくり、福祉などに
興味のある方、調布のまちで何かしたいと
思っている方、近隣地域の方もぜひ参加ください。
参加費は無料です。

下記フォームから参加申し込みいただけると
ありがたいです。
http://kokucheese.com/event/index/179519/


  


  • Posted by 調布アットホーム  at 23:51Comments(0)ヘルプカード普及プロジェクト

    2014年07月19日

    災害と調布を考えるワールドカフェ

    第2回、第3回、
    「調布 未来語らい
       フォーラム」を
         開催します!


    調布アットホームではこの4月より、
    受託事業「調布ヘルプカード普及プロジェクト」
    を行っていますが、このプロジェクトに絡み、
    「調布未来語らいフォーラム」という
    調布の豊かな未来を語りあう
    全5回の「ワールドカフェ」を実施しています。
    7月27日(日)13時からはその第2回目のカフェを、
    8月3日(日)13時からはその第3回目のカフェを、
    ともに調布市国領駅前のあくろすホールにて
    開催します。

    ◆第2回カフェのテーマは、
    「調布のまちと災害を考える」
    「市民活動支援センターセンター長」で、
    「被災者支援ボランティアセンター」の中心者、
    朝日敏幸さんをゲストスピーカーをお呼びして、
    災害時にまちはどうなるのか、
    その時障がい者は・・・、といったお話を聞きつつ、
    私たちはどうすればいいのか、どんな備えや
    準備をしておけばいいのかを参加者で
    話し合います。

    ◆第3回カフェのテーマは、
    「調布のまちと生きやすさを考える」
    最近、世代を問わす、生きにくさを感じている
    人が増えています。どんなまちが生きやすくて、
    どんなまちが生きやすいのか。
    「プラスハンディキャップ」というWEBサイト
    http://plus-handicap.com/ を立ち上げ、
    生きづらさを感じる人たちを支援する
    佐々木一成さんをゲストスピーカーにお招きして
    どんなまちが生きやすいまちなのか、を
    参加者で話し合います。
    ☆参加費は無料です。どなたでも参加できます。
     茶菓なども用意しています。
     お気軽に参加ください。

    ☆第2回目のカフェのお申し込みは、
     http://kokucheese.com/event/index/179449/
    ☆第3回目のカフェのお申し込みは、
     http://kokucheese.com/event/index/179519
    からお願いします。

    ※「ヘルプカード」とは東京都が推進する事業で
     障がい者のコミュニケーションカードを普及する
     プロジェクトです。調布では「ヘルプカード」の
     普及だけでなく、このプロジェクトを通して、
     障がい者も含めて、誰もが安心して豊かに
     暮らせるまちづくりを推進していきたいと
     思っています。ぜひ応援ください。おこしくだい。
     お待ちしております。
     詳細は、専用ホームページをご覧ください。
     http://helpcard.chofu.com/

      


  • Posted by 調布アットホーム  at 13:07Comments(0)ヘルプカード普及プロジェクト

    2014年07月01日

    災害時に役立つ電子地図活用の先端の話

    7月のアットホーム
    カフェのゲストは
    電子地図活用の
    水先案内人、
    古橋大地さん


    みなさん、オープンストリートマップ(OSM)
    という地図をご存知でしょうか? http://osm.jp/

    インターネットの地図というと、「Google Map」が
    有名ですが、印刷して配布するのはNGなど
    さまざまな制約があります。

    このような制約をとりはらい、市民の手で
    マップを作っていこうというのがこの
    「OSM」のコンセプト。海外ではすでに
    OSMを使った取り組みがさかんに行われています。

    特に災害時に活用されることも多く、
    昨年のフィリピンの台風被害のときは
    OSMを使った災害マップの作成が
    NHKでニュースになりました。
    http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20131119/k10013163161000.html

    このOSMの日本の代表を務めているのが、
    今回ゲストスピーカーの古橋さんです。
    マップコンシェルジュという会社も経営されています。
    プロフィールはこちら:http://www.mapconcierge.jp/o/htm/profile.html
    こちらが古橋さんの似顔絵です。

    古橋さんの取り組みを活用した、災害時の
    情報団育成を目的として、みんなで地図作りをする
    イベント(調布マッピングパーティー)も先日開催され、
    こちらもNHKニュースで取り上げられました。

    今回、ゲストでお呼びするのは、古橋さんの
    この取り組みが調布ではじまったこと。
    先日、災害時の情報団育成として、
    古橋さんのOSMを活用した「地図づくりイベント(
    調布マッピングパーティー)も開催され、
    こちらもNHKニュースで取り上げられました。
    また、この古橋さんがなんと、
    調布生まれの調布育ちだからです!
    こういう人が調布にいるんですね!

    今月は最新のOSMの可能性と、地域での
    活用法や有効性についてお話いただきます。
    結構先端でなかなか聞けない話です。
    アットホームカフェは会員以外の方でも
    誰でも参加できます。
    ぜひ、ご友人にもお声がけのうえ、ご参加ください。
    ★★★★★★★★開催概要★★★★★★★★★
    開催日時:7月10日(木)  19:00~21:00
    場   所:「調布市市民活動支援センター」内
           調布市国領町2-5-15 コクティー2階
           TEL:042-443-1220
    参加費 :一般1000円(はじめての方は500円)。
          会員は無料。茶菓付
    申し込み:http://kokucheese.com/event/index/190768/
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★  


  • Posted by 調布アットホーム  at 08:40Comments(0)アットホームカフェ