たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2012年09月29日

9月は東京サンレーヴスの蛭子さんがプレゼン

houseアットホームカフェ レポート



調布アットホームでは、毎月コミュニティビジネスについての情報交換や勉強会、交流会を兼ねたメンバーの集いを催しています。9月は、いつものたづくりとは雰囲気をかえて、飛田給にあるふれあいの家を借りてみました。
駅から5分くらい歩くと住宅街の中にあります。
わりと新しくてきれいな施設です。
となりが小さな公園で、なんだか和みます。


この日、登壇してプレゼンしてくださったのは「東京サンレーヴス」の後援会活動をCBで!と意気込んでいるメンバーの蛭子さん。

自ら広告塔になって、チームカラーの紫のアフロをかぶって登場です。
(地毛よりしっくりくるから、あら不思議)

これから飛田給にできる予定の体育館がこのチームの主な練習場になることから、調布の街のお歴々が応援をして、ホームチームとしてまちぐるみで盛り上げていこうということだそうです。

バスケットにはあまりなじみがありませんが、サッカーや野球よりはるかに小さな空間で、スピード感のある競技。
選手の表情などが間近でみられるし、その一体感はまた格別でしょうね~。あらたな街の起爆剤となるのか、注目です。

そのほか、それぞれの活動についてを報告し、参加者から事業のヒントをいただく「ご意見どうじょー」を行いました。
グループワークで事業アイデア交換。その場では、しがらみを忘れて忌憚のない意見を出し合うことに集中します。
だれの意見がよい、わるいではなく、少数の意見のなかにこそ新しい視点が隠されているのではないかという気持ちで、他人の発言に注目していきます。
(一般に知られたくないことはその場限りで忘れるのがグランドルール)

他人の言葉によく耳を傾けることで、明日の事業のヒントが自らの中からわき起こるのを待つという作業だと思っています。

アットホームカフェの10月は、4日(木)19:00からたづくりで開催予定です。

次回は調布アットホームの後期会員更新の日です。
継続をご希望のかた、新規登録をご希望のかた、どうぞお越しください。

★10月から、会員登録をしていない方の見学について、初回500円/2回目以降1000円とさせていただきます。登録がお得ですので、CBに関心があって、メンバーとの継続交流をご希望の方はどうぞお申し出ください。
問い合わせは、事務局までメールでお願いいたします。

事務局 杉山裕子
chofuathomeoffice@gmail.com


(事務局 すぎやまゆうこ)







  


  • Posted by 調布アットホーム  at 14:20Comments(0)アットホームカフェ レポート

    2012年09月28日

    調布にも「こがね色」の田園風景がありました。

    年の夏の長いこと、長いこと・・・。
    お彼岸が来て、ようやく最高気温も30℃を切り
    やれやれといった感じになりました。
    この暑さが色んなところに影響したのではないでしょうか?
    特に農作物への影響が心配です。
    調布にもたくさんの農家があり、数は少なくはなっていますが
    水田もまだ残っています。
    下の写真は、布田小学校近くの田んぼの様子。






    金色の稲穂が頭を垂れ、収穫の時を待っています。
    都心から電車で15分というとても便利なまちで
    こんな光景が見られるとは、まさに「都会と田舎」が
    みごとに調和したまち「トカイナカ」調布です。

    んな調布の「農業」の良さを再確認し
    もっともっと多くの方に知ってもらうために
    調布アットホームでは
    「第2回 未来、語らい広場in調布」
    11月17日(土)調布教育会館で行います。
    「農業」をテーマに、「ワールド・カフェ」スタイルで
    調布の「農業」の未来のために、私たちになにができるのかを語り合いましょう。
    詳細は、後日このHPにてお知らせ致します。
    (イリヤマ)
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 00:10Comments(0)ワールドカフェ@調布

    2012年09月21日

    調布アイランドが9月10日に一般社団法人に!

    9月10日に「調布アイランド」が
    一般社団法人になりました!




    調布アットホームから誕生した3つ目の団体、
    「調布アイランド」がプロジェクト開始から1年5カ月の
    スピードで、2012年9月10日をもちまして、
    「一般社団法人」となりました。

    多摩ソーシャル・ライターズ倶楽部、ちょこネットが
    まだ法人化しないなかでの法人化いちばん乗りです!
    代表の丸田孝明さん、おめでとうございます。

    この法人化では、調布のメンバーだけでなく、
    伊豆大島、新島、神津島の漁業・農業関係者が
    社員に(一般企業でいうところの役員、NPOの理事相当)
    ずらりと名前を連ねているところが特徴です。
    つまり4島で(調布も調布島=調布アイランドと呼んでいます)
    連携して「まち・しまおこし」をやっていこうという
    強い決意と団結の意志の表明です。
                  ★
    市民が地域のために立ち上がる。自分のスキルを
    使って街のお困りごとの解決や活性化に取り組む。
    頭で考え、口で言うだけでなく、手に軍手をはめ、
    首にタオルを巻き、自ら汗をかきに立ち上がる。
    そんな仲間がひとり、またひとりと増えることは
    私にとって、アットホームにとって、うれしい限りです。

    コワーキング、映画の街、シニア支援、福祉支援。
    調布ではさまざまなプロジェクトが動いています。
    次に法人化していく「まちおこし事業」はなにか。
    設立2年半にしていい感じになってきましたね。

      


  • Posted by 調布アットホーム  at 11:19Comments(0)事例紹介