たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2011年05月31日

仕事場の引越。

事ですが、調布に住み始めたのは1985年ですから
かれこれ26年になります。
ここ10年は仕事場が渋谷区だったので、ほとんど平日は
調布にいることがなかったため、調布のことは
あまり良く知りませんでした。
それでも、26年間住み続けているということは
きっと何か特別な魅力があるからだと思います。

して先日、仕事の拠点を渋谷からここ調布に移しました。
考えてみると、ここから渋谷に行くとして
乗り継ぎが良ければ30分で移動できる,そんな便利な街なのです。

クセスだけではなく、26年間心地よく暮らすことが出来たのは
豊かな自然やそこに住む人間の温かみなどがそうさせたのでしょう。
これからは、もっとこの街を知ってもっとこの街に溶け込んで
もっともっとステキな街になるよう、貢献できればいいと思います。  
タグ :調布


  • Posted by 調布アットホーム  at 00:01Comments(0)新参者・イリヤマの声

    2011年05月30日

    第一木曜は、調布のまちのこと、CBのことを語る日

    こんばんは。すぎやまです。

    今日は雨かとおもいきや夏のような日差し。
    かと思うと身につけているものを全部はがしてしまような風。
    取材の合間、一休みした喫茶店の窓の外では、けやきが揺さぶられていました。

    地震以来、ちょっとした天気の変化にも自然の不思議を感じて
    私は地球のちっぽけな生物なんだというキモチになります。




    さて、6月2日、今週の木曜は、恒例の「アットホームカフェ」です。

    「アットホームカフェ」ってなんだろ?
    CBってよくわからない…。
    石原さんて、どんな人?

    …と思った方がありましたら、どうぞ迷わず見学にいらしてください。
    「調布アットホーム」は会員制ですが、1回500円で見学もできます。


    調布に住んでてよかった~と思えるように、
    小さくても大きく人の心に残る「コミュニティビジネス」にトライしてみよう!という方。
    ご参加をお待ちしております。

    いよいよ、女性を中心にしたワーキンググループほかいくつかのCB実践トライアルが始まります。
    ご自分の力を地域で生かしたいと考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご一緒に!


    2011年6月 アットホームカフェ

    日時:6月2日(木)19時~21時
    場所:たづくり10階 1001会議室

    <1部>たまりば最強ブロガー登場!

    創設1年で累積アクセス数 間もなく40万アクセス!1日平均1000~2000アクセス!
    地域ポータルサイト「たまりば」のアクセスランキングで1位と5位を占める
    「たまりば」最強ブロガー、山田容子さんが語る、人気の秘密、SEO対策。
    「おひーさまはダウン症~ポジティブママの育児日記」
    創設1年で総アクセス数38万7000!
    「障がい児を産むという選択~ダウン症児の母からのメッセージ~」
    創設約半年で総アクセス数5万5000!
    (2011年5月20日夕方現在)

    <2部>いよいよ、始動。ワーキンググループメンバー募集

    ・ワーキンググループ立ち上げのルール紹介
    ・新たに誕生した3つのワーキンググループからのメンバー募集告知
    ・代表・石原の「ミニCB講座 ~もうひとつの側面。CBの意味とその指向する未来、普及した姿について」
    ・心の中にあるわたしのプランお披露目コーナー
    ・PRタイム

    参加費 会員 無料/見学者 500円
     ※『アットホームカフェ』はコーヒーなどの飲料・菓子・音楽・アロマ付きです
     ※懇親会(別途実費負担)も予定しています


    申し込み先
    調布アットホーム 事務局・杉山裕子
    chofuathomeoffice@gmail.com
    お名前、住所、連絡先、参加動機、簡単なプロフィールをお願いします
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 19:27Comments(1)事務局のひとりごと

    2011年05月30日

    美しい村 杉さんの名講演!

    美しい村、フランスとイタリアの
    取り組みに人の営みと暮らしを考える


    代表・石原です。5月28日の午後に、調布市総合福祉センターで、
    NPO法人「日本で最も美しい村連合」の理事でもある杉一浩さんの、
    フランスではじまった「美しい村」を残し、その景観や文化などの
    地域資源を生かして、地域を活性化する取り組み、「世界で最も美しい村」の
    内容や魅力、目的を語る講演会がありました。
    「調布わいわいサロン」のイベントです。

    杉さんは現役時代にはフランスに住み、写真の著書も出版されている方。
    調布にこのような方が住まわれているなんてなんと素晴らしいことなのでしょう。

    今回はヨーロッパの話が中心でしたが、6月25日(土)14時~16時30分は、
    日本で39ある「最も美しい村」の日本の各村の取り組みが語られます。
    場所は同じく「調布市総合福祉センター」4階視聴覚室です。

    「調布市」は、この定義には当てはまりませんが、このコンセプトに連なる
    「自然と人が豊かで暮らしい街」になるといいですね。

                       調布アットホーム 代表・石原靖之
      


  • Posted by 調布アットホーム  at 18:24Comments(0)代表日記