たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市


2017年02月02日

市といっしょにやるまちづくりって?

副参事と語り合う
20万人規模都市の
協働・共創社会とは②


調布アットホームが間もなく丸7年を迎え、
4月から8年目に入ります!
「手弁当に近いカタチでよくやってきたなあ」と
役員ともども感慨にふけっています。

そんな記念すべきタイミングの記念すべき
メニューを用意しました。2016年11月に開催した、
「20万人規模都市の協働社会の姿とは?」の第2弾、
調布市生活文化スポーツ部産業振興担当副参事兼
産業振興課長、大島振一郎さんに
「協働社会」について約45分語っていだだきます。

大島副参事は、前任の子育て課長時代に、
調布駅前の人気スペースとなった子育て&
多世代間交流カフェ「aona」の立ち上げに、
市民側の我らが「ちょこネット」の竹中裕子さん、
杉山裕子さんをサポートし、尽力された方です。

その「aona」もちょうど間もなく2年目を迎え、
大きな成果と効果を生んでいるのは周知の通りです。
調布でまちづくりに関わりたいという皆さん、
「協働社会」の先にどんな未来があるのか、
大島副参事とともに語り合いませんか?

◆開催概要◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆
日 時:2月22日(水)19時~21時
会 場:多摩メディアセンターイベントスペース
    調布市調布ヶ丘1-34- 1
ネクストバトンビル4F
参加費:1000円(発泡酒&おつまみ付き)。
    会員無料
申込み:http://bit.ly/cafe201702
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  


  • 2015年12月04日

    調布アットホームHP誕生!

    調布アットホームの
    ホームページが
    ついに完成しました!

    ついにホームページの登場です!
    えっ今頃と思うかもしれませんが、満を持しての登場です。
    5周年を超えて立ち上げるのは、さらなる5年への向けての
    決意表明でもあります。

    2015年は調布アットホームから3つ目の法人格、
    調布マチシネマを運営する会社が立ち上がりました。
    来年4月には「情報」を取り扱う4つ目の法人も
    誕生する予定です。

    小さな地域の普通の人たちがまちづくりで起業しています。
    おかげでこの小さなまちでは、子育てママさんが
    安心して暮らせる仕組みが生まれはじめています。
    海のないまちで、夢のような朝獲れの鮮魚や島野菜が
    食べられるようになりました。
    まちのなかのカフェやレストラン、輸入車ディーラーの
    ショールームなどでこだわり映画が観れるようになりました。
    福祉っぽくない雑誌「わくわーく」も定期刊行されています。
    市民と行政の方が語り合う未来会議も開かれるように
    なりました。

    次の5年へ飛躍する礎が、このホームページです。
    奇跡のまちおこしをこのホームページで伝えて
    いきたいと思います。ぜひ応援ください。
    http://chathome.org/  


  • Posted by 調布アットホーム  at 21:54Comments(0)重要ニュース調布アットホームとは

    2015年10月26日

    アットホーム流事業アイデアブラッシュアップ会議

    まちしごとを支える仕組み
    CBが生まれる瞬間を
       共有したい


    なぜ調布アットホームから
    地域の課題解決や活性化を実現する、
    コミュニティビジネスの事例が次々と生まれるのか。
    その理由を体感できるイベントを
    11月14日(土)10時~12時に開催します。

    題して、なるほどそうだったのか!
     調布アットホーム流 創業支援プログラム
       「ご意見どーじょー」

    名前はふざけているように見えますが、通常、
    創業講座や相談などでは1対1のアドバイスになります。
    しかし、調布アットホームでは、士業もいたり、
    クリエイターや主婦、シニア、経営者がいたり、
    多彩多様な人がいる中で、事業アイデアを提案して、
    収益モデルやロードマップを突っ込まれたり、
    さらに多彩なアイデアをもらったり、人脈を紹介して
    もらったりして事業を全員でブラッシュアップしあうのです。

    参加者の数だけ多様なアイデアやノウハウ、スキル、
    人脈が重なり合う。そのすごさを想像できますか?
    定期的にここで事業状況を説明したりすることで、
    事業のさらなるブラッシュアップも可能です。
    こうしてナレッジや情報、人脈を互換しているのです。
    11月14日のアットホームカフェは、
    この「ご意見どーじょー」に3組の挑戦者が挑みます。

    ◎ひとり目は、西垣泰子さん。
     テーマは「シニア・高齢者お助けサイトデザイン」
     シニア・高齢者にストレスのかからないコンテンツで、
     新たなサイト構成デザインを提案する。
     そんなテーマの事業モデルをブラッシュアップします。 

    ◎ふたり目は、南洋子さん
     テーマは「自宅介護家庭開放型 多世代交流おうちカフェ」。
     母親の介護をしながら、自宅を拠点に、地域の多世代交流の場と
     支援ネットワークづくりを促進する事業アイデアを
     ブラッシュアップします。

    ◎三人目は、磯原直道 さん、
     「調布・ぬのまちプロジェクト
       ―調布のまちは「布」をテーマに活性化できるか―」 
     同名の取り組みで調布の活性化に挑む団体のさらなる事業の
     ブラッシュアップを行います。

    ぜひあなたも参加して、アイデア、ノウハウ、人脈などで
    3人の挑戦者を応援していください。
    どれも地域の課題を解決したり活性化させるアイデアです。
    あなたの参加をお待ちしています。

    なお、終了後、調布アイランドの取り扱う
    島の魚が食べられる「ランチ妄想会」も開催します。
    おいしい魚を食べながら妄想を語りあう1時間です。
    「調布アイランド」もこんな中から生まれてきました。
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    主 催:調布アットホーム
    日 時:11月14日(土)10:00~12:00
    会 場:調布市市民プラザあくろす2Fスペースはばたき
    定 員:40名
    参加費:会員無料。一般の方は初回500円、
        2回目以降の方は1000円(茶菓付き)
    申込み:下記のフォームからお申し込みください
    http://kokucheese.com/event/index/348767/
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★